読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生8割綱渡り

自分の箱庭なので、多方向に対して気を使ったりはしない→理解不能という方は、まわれ右。

11月。

若干 冊数が増えたのは
今月から普通のコミックもこちら側に更新するようになったため(ログインし直すのがめんどくさくなったので雑居させることにした)
今月の一番は『僕は全てを知っている2』ですね!
大抵の『2』はパワーダウンするものですが、これはかなりいい感じに暴走してて、買ってきてから何度も何度も読み返してます。
表紙が限定と通常で若干タイトルの色味が違います。どちらかというと通常版の緑×紫の色合いが好きですが、この値段差なら限定版をお勧めしたい。小冊子もかなりよかった。 
 
11月の読書メーター
読んだ本の数:41冊
読んだページ数:4776ページ
ナイス数:265ナイス

タイトロープ (ディアプラス・コミックス)タイトロープ (ディアプラス・コミックス)
読めば読むほどジワジワいいのです。なにもかもに萌えてしまうのです
読了日:11月02日 著者:夏目 イサク
預け本屋 (IDコミックススペシャル ZERO-SUMコミックス)預け本屋 (IDコミックススペシャル ZERO-SUMコミックス)
色々面白い設定なのに、これでおしまいなの?何もかもが謎のままでなんとももったいない。 ゆっくりペースでもいいから続きがもっと読みたいよ。
読了日:11月02日 著者:桜井 汐里
えんどうくんの観察日記 (ミリオンコミックス  Hertz Series 110)えんどうくんの観察日記 (ミリオンコミックス Hertz Series 110)
はっきりしない・・・はっきりしないけれど・・・萌えて・・・るんだろうなぁ・・・良作だと思うけれどハッキリと推せない感じがもどかしい。
読了日:11月03日 著者:ハヤカワ ノジコ
ノーカラー (ディアプラスコミックス)ノーカラー (ディアプラスコミックス)
やっぱり、何度読んでも好きだなぁ。お互いを「すげーな」って思ってて、でも自分はそこに至れなくて…という焦れてしまう心がリアルなんだよなぁ。うん、好きだ。
読了日:11月04日 著者:夏目 イサク
ちびミクさん・いち (マイクロマガジン・コミックス) (マイクロマガジン☆コミックス)ちびミクさん・いち (マイクロマガジン・コミックス) (マイクロマガジン☆コミックス)
かわいくてジワジワ面白い、そんな4コマでした。
読了日:11月09日 著者:みなみ
かわいくてごめんね (GUSH COMICS)かわいくてごめんね (GUSH COMICS)
男の娘がいっぱい。主人公は1編1編違うんだけど、男子高の中の「接待部」という閉じられた世界のせいか一本道でどれも同じようなストーリーになってしまい途中からちょっと飽きちゃったな。せっかく色んなキャラがいるんだから…と思ってしまったのは贅沢でしょうか?
読了日:11月10日 著者:深瀬 アカネ
別れた男はいかがですか? (ビーボーイコミックス)別れた男はいかがですか? (ビーボーイコミックス)
表題作よりもスピンの方が量が多めというwwww  スピンカップルの方が萌えましたね。
読了日:11月10日 著者:立野 真琴
さんすくみ 3 (フラワーコミックス)さんすくみ 3 (フラワーコミックス)
相変わらずの残念なさんにんのさんすくみw きっと恋愛も…残念な結果に終わるんだろうなぁと思いつつ次巻へ続くw
読了日:11月10日 著者:絹田 村子
草食上司のオトしかた (ビーボーイコミックス)草食上司のオトしかた (ビーボーイコミックス)
草食上司というよりは『ウサギ上司』でしたw わんこな部下もアホが強調されすぎちゃって…かわいいんだけど、う〜んwww  軽く読むにはいい。だけどやっぱりちょっと物足りないんだ、もったいないなぁ。
読了日:11月10日 著者:麻生 海,砂床 あい
デビルズハニー (ビーボーイコミックス)デビルズハニー (ビーボーイコミックス)
デビルってそうい意味だったか。うん、非常にかわいい小悪魔だった。そして受け攻めどっちもちゃんと漢だった。 ところで弟!!こっちの道にはこないかしら?wwwwなんて悪いこと考えたw
読了日:11月10日 著者:夏目 イサク
ミスター・プレイボーイの受難 (二見書房 シャレード文庫)ミスター・プレイボーイの受難 (二見書房 シャレード文庫)
ふむ。鳩村さん初読み。なんとすがすがしいBLでしょう!w  途中ちょっとくじけそうになったけれど(カッコ書きの文がどっちの言葉なのかがわからなくなっちゃったんだ)おおむね面白く読みました。 
読了日:11月13日 著者:鳩村 衣杏
歯科医の憂鬱 (キャラ文庫)歯科医の憂鬱 (キャラ文庫)
前にどの本かの感想で『歯医者はどえすか変態がいい』って書いたんだけれど、この先生は限定どえすというなかなか面白い設定でしたw 『ちゃんと怒った』先生のセリフと言動に大笑いしちゃいました←やっぱり歯科医は変態でどえすじゃないとね!!wwww
読了日:11月13日 著者:榎田 尤利
フラ男子! (バーズコミックス デラックス)フラ男子! (バーズコミックス デラックス)
なにもかもが中途半端でガッカリ…というのが一番の感想です。1つ1つの素材はとてもいいのに、あれもこれもと色々なものを詰め込みすぎて半生状態で提供されたハンバーグ…みたいな?もっとなんとかならなかったのかなぁ残念でしかたがない。
読了日:11月14日 著者:吉川 景都
あめいろ恋ごころ (ミリオンコミックス  Hertz Series 92)あめいろ恋ごころ (ミリオンコミックス Hertz Series 92)
設定的にはお兄ちゃんCPの方が萌え度高いかも。でも静野の暴走振りもなかなか楽しめたよ、うん。ふわふわだけれどちゃんとしてたしねwwww
読了日:11月14日 著者:今野 さとみ
モノクローム・ファクター 11 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)モノクローム・ファクター 11 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)
あぁ・・・終わっちゃったなぁ。ラストを知りたかったけれど終わっちゃったのは哀しい。もっと読みたかったけれど、うん、納得のラストかな。
読了日:11月15日 著者:空廼 カイリ
花のみぞ知る 2 (ミリオンコミックス CRAFTシリーズ48)花のみぞ知る 2 (ミリオンコミックス CRAFTシリーズ48)
ゆっくり、ゆっくり進んでいきますね。なんだかホント応援したくなる。 読んでて心が温かくなる二人です。 この後、人知れず病んでる風な川端がどう絡んでくるかこわいんですけどね
読了日:11月15日 著者:宝井 理人
甘い水 (リンクスロマンス)甘い水 (リンクスロマンス)
遠藤のバランスの悪い性格がいい〜!ただここのところかわい先生の本が警察関係方面過多なのでちょっと脳内ごちゃごちゃしちゃったのは秘密だ。
読了日:11月15日 著者:かわい 有美子
花雪 (幻冬舎ルチル文庫)花雪 (幻冬舎ルチル文庫)
若い二人は一歩一歩…って感じで微笑ましく好ましい。 あて馬君の思いが儚い雪のようだったけれど、仕方ないかな。 あれ以上ストーリーに絡まれたら祐真じゃなくてもドロドロの思いを抱いちゃったかも、そうなったらそれは雪シリーズの空気じゃないから。あと、彼の救済はいらないな、このまま研究にいそしんでもらいたいww   さて『あの子』のスピンは…読みたいような読みたくないような…でも『あの子』の目に2カップルはどういう風に写ってるんだろうなぁってのは気になるよ、うん。
読了日:11月16日 著者:真崎 ひかる
BL社長vs腐女子編集 (ゼロコミックス)BL社長vs腐女子編集 (ゼロコミックス)
社長…ほとんど出番無かったじゃないっすかwwww 現実と脚色がとてもいい具合に混ざってて、かなりホントなんじゃないかなって思っちゃいましたわ。お仕事ぶっちゃけ系はなんだか自分もそこで働いてるような気がして読んでて楽しい。
読了日:11月16日 著者:天城 れの
VIVO! 1 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)VIVO! 1 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)
テンション的にはGTOの対極にいる男、ナカムラw   ゆるくて、だる〜い雰囲気だけれどほっこりしちゃったり…そうですね、flatと同じ匂いがします。最近の流行なのかな、こういう『ゆる系』。そして、そういうのが嫌いじゃないワタシww まだまだ引出しはありそうです。ちょっと注目。
読了日:11月16日 著者:瀬川 藤子
極道は愛で縛る (ビーボーイスラッシュノベルズ)極道は愛で縛る (ビーボーイスラッシュノベルズ)
『やくざでご飯』シリーズwww なんだかんだでラブラブ。  しかし郁也はこんなんでこの仕事大丈夫なの?といきなり現実的になってしまうフリーダムぶりwwww
読了日:11月17日 著者:秋山 みち花
室長と猫 (GUSH COMICS)室長と猫 (GUSH COMICS)
猫>BL www 読み終わって頭に残ったのは1号2号V3・・・
読了日:11月17日 著者:越智 千文
ギュウ・したいの (GUSH COMICS)ギュウ・したいの (GUSH COMICS)
かわいくてふわふわなストーリーが並んでた。けどワタシには薄味。
読了日:11月17日 著者:藤成 ゆうき
恋する暴君 7 (GUSH COMICS)恋する暴君 7 (GUSH COMICS)
う〜ん、色々イラッときたり切なくなったりもどかしくなったりした巻だった。
読了日:11月17日 著者:高永 ひなこ
先生はダメな人 (プラチナ文庫)先生はダメな人 (プラチナ文庫)
なんだかふんわりかわいいストーリーでした。  さっと読んでふんわりなるにはいい1冊かと。
読了日:11月17日 著者:渡海 奈穂
花雪 (幻冬舎ルチル文庫)花雪 (幻冬舎ルチル文庫)
雪シリーズの表紙を並べているだけでも彼らの成長過程が楽しめたり。白雨の時の有隆×那智と同年代になってるんだなぁとか、だとしたらやっぱりあの頃の那智は精神的にマジで「御隠居さん」だったんだなぁとかwwww 
読了日:11月21日 著者:真崎 ひかる
夏雪 (幻冬舎ルチル文庫)夏雪 (幻冬舎ルチル文庫)
若いうちの年齢差だけはどうにもならない、もうちょっとしたらたった2つの差なんってどーってことなくなるもんだけれど。なにせ彼らの周りは『かっこいい(生き方が)』大人ばっかりだし尚更焦るんだろうなぁ(内情はどうであれww)  若者よ、ジダジダしなさい。とオバサン目線で読んでしまいましたとさw
読了日:11月21日 著者:真崎 ひかる
淡雪 (幻冬舎ルチル文庫)淡雪 (幻冬舎ルチル文庫)
武川目線でもこの恋を読んでみたいなぁ。あの無口なサムライがどんな風に恋に落ちたのかとか・・・ね
読了日:11月21日 著者:真崎 ひかる
慈雨 (幻冬舎ルチル文庫)慈雨 (幻冬舎ルチル文庫)
読了日:11月21日 著者:真崎 ひかる
白雨 (幻冬舎ルチル文庫)白雨 (幻冬舎ルチル文庫)
読了日:11月21日 著者:真崎 ひかる
Baby comics EXTRA 秋山くん (POE BACKS)Baby comics EXTRA 秋山くん (POE BACKS)
もう、なんか・・・読む前に思い描いてたのと色々と違っててビックリ・・・えぇ、いい意味でビックリですよ。なかなか斬新でした。ストーリーも絵柄も受け攻めも…。
読了日:11月22日 著者:のばらあいこ
然るオトコの口福 (Dariaコミックス)然るオトコの口福 (Dariaコミックス)
オトコマエな受けを堪能しました。
読了日:11月22日 著者:隆巳 ジロ
鬼灯の冷徹(3) (モーニング KC)鬼灯の冷徹(3) (モーニング KC)
3冊目になってもブレのない鬼灯さんのどえすっぷりにハァハァしてしまうのでした。
読了日:11月22日 著者:江口 夏実
Real Clothes 13 (クイーンズコミックス)Real Clothes 13 (クイーンズコミックス)
縁ってどんな風に繋がるかわからないよね。後になって気がつくんだ。とにかくひたむきに嘘なく生きたら何か変わるかもしれないね。とか
読了日:11月24日 著者:槇村 さとる
Do Da Dancin'! 10 ヴェネチア国際編 (オフィスユーコミックス)Do Da Dancin'! 10 ヴェネチア国際編 (オフィスユーコミックス)
鯛ちゃん凹むの巻。大きくジャンプする前のかがんだ状態だとはわかっているけれど、いつも元気で前向きな彼女が悩む姿はもどかしい。
読了日:11月24日 著者:槇村 さとる
キャリア こぎつね きんのまち 6 (クイーンズコミックス)キャリア こぎつね きんのまち 6 (クイーンズコミックス)
全員にとってハッピーエンドだった。それにしても早歩さんアナタ自分の大事な日に何やってるんですかwwww
読了日:11月24日 著者:石井 まゆみ
僕はすべてを知っている 2 限定版(キャラコミックス)僕はすべてを知っている 2 限定版(キャラコミックス)
1巻よりもさらにパワーアップしとります、シモ方面でw  研修医は向いてる方向が違ってただけで、育てばいい感じに犀川二世になりそうなニオイ(ある意味オタク臭)wwww    それにしても今回一番おいしいのは金沢センセ。頑張ったしちゃっかり楽しんでるしwww早くこっち側におちてくればいいのにwwww
読了日:11月25日 著者:高久 尚子
となりの関くん① (MFコミックス フラッパーシリーズ)となりの関くん① (MFコミックス フラッパーシリーズ)
授業中の関くんの机の上には夢とロマンと壮大なドラマが・・・!wwww
読了日:11月26日 著者:森繁拓真
すみっこの空さん(1) (ブレイドコミックス)すみっこの空さん(1) (ブレイドコミックス)
空さんは無垢で無限で哲学。 子供が苦手な人はダメだろうな…というような内容。ただ・・・子供の無垢とか無限さの奥にあざとさが透けた気がしてちょっと萎える部分があったりもするんだけど・・・。だいたい癒されました。
読了日:11月28日 著者:たなかのか
よつばと! 11 (電撃コミックス)よつばと! 11 (電撃コミックス)
そうそう、あのカメラ使うと時々おばけが写るんだよねぇwww なんだか小物が嬉しいものばかりの巻でした。 よつばの個性をちゃんとわかっている大人たちがとても気持ちいい。読む度にあ〜ゆ〜大人になりたいと思う。
読了日:11月28日 著者:あずま きよひこ
ほろ苦くほの甘く (幻冬舎ルチル文庫)ほろ苦くほの甘く (幻冬舎ルチル文庫)
とにかくあの女子キャラにムカついた。あれが起爆剤なんだろうが、とにかく嫌w そしてあて馬というにはあまりにいいヤツすぎる竹本に情が移るという。途中もう大人な上司はどうでもいいじゃん…竹本にしなよ竹本に!あげく引き際まで綺麗!んもうっ!逃がした竹本は大きいぞ!wwww などと思いつつ読み終えました。上司?? んまぁ仕事はできるし大人だったけれど恋愛はまるでお子様だったのねと。絶対竹本の方g・・・wwwww
読了日:11月30日 著者:遠野 春日

2011年11月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター