読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生8割綱渡り

自分の箱庭なので、多方向に対して気を使ったりはしない→理解不能という方は、まわれ右。

弥生〜

J庭の新刊が豊作だった3月。
ヨネダ先生の新刊が非常に萌えでした。いいなぁ、宇宙人的受けw
樋口先生の虫本と宮緒先生の犬本もよかったです〜。
商業ではやっぱり宮緒先生!!【愛犬志願】のアホ犬はめっちゃよかったです。
あとは……鳥谷先生のパンスト刑事。。。
むぅ、今月心にひっかかったのは変態ばっかだなwwww
 
2013年3月の読書メーター
読んだ本の数:38冊
読んだページ数:4955ページ
ナイス数:2901ナイス

ナゲキのカナリヤ―ウタエ― (幻冬舎ルチル文庫)ナゲキのカナリヤ―ウタエ― (幻冬舎ルチル文庫)感想
安定の崎谷さん。二人が霞んでしまうキャラ!同僚のおんにゃのこ、彼女のヲタっぷりが背筋に嫌な汗がたら〜んと伝っていきそうなくらい身に覚えがあるようなwww
読了日:3月1日 著者:崎谷 はるひ
或る夜 -NightS-或る夜 -NightS-感想
萌え悶え本。読むたび床ローリングですよ!! とにかくつかみようのない間崎さんが大好き!!翻弄されるテンテンがかわいい!! こんな感じの夜をまだまだ読みたいなぁ。 
読了日:3月3日 著者:ヨネダ コウ
クレームブリュレクレームブリュレ感想
『セカンド・ラブ』と『左隣…』 相変わらずなセカンドラブの二人に2828。そして浮田妻は……うん、浮田にぴったりの女性だったwwww それにしても私にとっての『左隣』は何でこんなに印象が薄いんだろう。嫌いじゃないのに。また本篇の内容をすっかり……ごめんw
読了日:3月4日 著者:可南さらさ
Re Collect InsectsRe Collect Insects感想
虫シリーズ。再録集なので盛り沢山♪\(>∀<)/♪ 澄也と翼(と、ちびっ子)の優しい時間や幸せの中にじんわりと、でも確かな不安が漂っていた陶也と郁に差す光、変態プレイの綾人と里久で1冊。非常においしかったです!
読了日:3月4日 著者:樋口 美沙緒
Drop Anchor 作る少年、食う男番外編2Drop Anchor 作る少年、食う男番外編2感想
あ〜椹野先生の書く人間関係って優しくて本当に好きだなぁって思う。
読了日:3月5日 著者:椹野 道流
MOOMIN公式ファンブック SPECIAL BOX LOVE! リトルミィ (e-MOOK 宝島社ブランドムック)MOOMIN公式ファンブック SPECIAL BOX LOVE! リトルミィ (e-MOOK 宝島社ブランドムック)感想
読んだ……というより『バッグを買った』って感覚w 初めてブランドムックというものを買ったけれど、思っていた以上にバッグがしっかりしてたのと、読み物部分が充実してたのでびっくり。 接客中に「バッグがほしいだけだから本は(要らないから)処分して!」っていうお客様が結構いるのだけれど、これはもったいないなぁと思った。読みどころいっぱいです。
読了日:3月6日 著者:
あーちゃんの犬!あーちゃんの犬!感想
残念な犬が2匹に増えてあーちゃんの苦労が8倍くらいになった本w 最後の最後で一瞬ほろり…としかけたけれど、やっぱりそこは愛が暴走する残念犬たちなので、ひたすら残念な余韻を残しつつ……話は全く進まず終了w また続きが読めるかしら?次は残念犬どもとめくるめくさんぴの世界に突入……いやいや、ないなwww 
読了日:3月7日 著者:宮緒 葵
なごり雪なごり雪感想
志緒ってこういうヤキモチを妬くんだ、かわいいなぁ。
読了日:3月7日 著者:一穂ミチ
艶欲艶欲
読了日:3月7日 著者:遠野春日
恋の靴音 (ディアプラス・コミックス)恋の靴音 (ディアプラス・コミックス)感想
帯とタイトルにだまされた感。大好きな靴屋がシリーズになったか!と思ったのに……残念ですwww  ほかの収録作も靴屋と繋がってはいて(かな〜り細い糸だけどw)それぞれよかったんですが、期待してたのはガッツリと靴屋なわけで……。や、うっすらと繋がってる以上はシリーズって言ってもいいのかもだけど……。靴屋が好きすぎて今はこんな感想しか上げられない。ちょっと落ち着いてからもう1回読みなおしてみるよ。うん。だって嫌いじゃないんだ。
読了日:3月7日 著者:青山 十三
アイズオンリー (SHYノベルス299)アイズオンリー (SHYノベルス299)感想
ここのところずーっと自分の中でぼんやりと思っていることがあって、それはこのストーリーそのものの出来事ではないんだけれど、読んでいてとても「きた」のだった。心がウルウルした。 一穂さんはなぜかいつも心のどこかに刺さってくるストーリで私を癒してくれる。だから大好きなのだ。
読了日:3月7日 著者:一 穂ミチ
YEBISUセレブリティーズ 1 [新装版] (ビーボーイノベルズ)YEBISUセレブリティーズ 1 [新装版] (ビーボーイノベルズ)感想
私はこの時代を知っている!バブルというあの時代を!!……みたいな登場人物も舞台もストーリーもキラッキラしてましたww  そして、この俺様とツンデレさんの恋愛物語、嫌いじゃないです。うん。 ただ、登場人物が多いのねん?これ総ほも?いろいろ気になりますのぅwww
読了日:3月9日 著者:岩本 薫
花のみやこで (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 133)花のみやこで (H&C Comics ihr HertZシリーズ 133)感想
つかみどころのないあの人と御崎君はそういうつながりがあったのか〜。や、御崎は知る由もないんだけれど。そうか〜だからあんなに優しいんだな。切なくて悲しいんだけれどふんわりと柔らかい読後感だったのは、きっと次の世代のおはなしを先に読んでいたからだろうな。うまい。
読了日:3月9日 著者:宝井 理人
未知との遭遇 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)未知との遭遇 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)感想
パンツと尻の本。 読んでるうちに渋谷くん寄りの視点になってしまって、本田さんにイライラしたり絆されたりwwww やっぱり腰乃さんのスピード感はいいね。
読了日:3月9日 著者:腰乃
ラ・ヴィアン・ローズラ・ヴィアン・ローズ感想
経験浅いBL読みからするとこれは『文学』だよなぁと。うん。復刊も納得なのでした。 
読了日:3月10日 著者:山藍 紫姫子
欲情 (B-BOY NOVELS)欲情 (B-BOY NOVELS)感想
この二人が好きなのよ〜。家族の愛をたくさんそそがれてる箱入りのお姫様と、ずーっとひとりだったおっさん。惹かれあうのは仕方がないかなと。気づかずおっさんがめろんめろんに愛してるのがいいよね。
読了日:3月11日 著者:岩本 薫
Punch↑+次男上等 (ビーボーイコミックス)Punch↑+次男上等 (ビーボーイコミックス)感想
手に取っての第一声は『薄っ!(厚さ的に)』、読み終わっての感想は『濃いっ!(牧の変態度的に)』でしたwww に、してもこの薄さ……全サの小冊子かはたまた雑誌の付録が間違って納品されたのかと思いましたよwwww
読了日:3月11日 著者:鹿乃 しうこ
よつばと! 12 (電撃コミックス)よつばと! 12 (電撃コミックス)感想
出てくる大人たちと子供との距離感がいいなぁって、いつも思う。もちろん大人同士もいい距離感があって・・・・・・理想だなぁって。あくまで理想なんですけどね。実際は・・・・・・wwww
読了日:3月11日 著者:あずま きよひこ
勇者互助組合 交流型掲示板〈2〉勇者互助組合 交流型掲示板〈2〉感想
今回ショーゲキだったのは、かーさんがパートでやってたっていうあれです。
読了日:3月11日 著者:おけむら
地獄の果てまで追いかける (ショコラ文庫)地獄の果てまで追いかける (ショコラ文庫)感想
うん……こういう執着はちょっと苦手だ。攻め一人だけの思いで執着するのなら「怖いなぁwこのヤンデレめっ♪」で流せるものを、女の情念を絡ませちゃったりするから背筋から冷たい汗が垂れるような怖さなんだよぅ。でもしっかり最後まで読めたからストーリーとしては面白いんだと思う。 もともとの攻めの中にその粘着気質もあったのかもだけれど……でもやっぱり前世かなんかの記憶に支配されるって怖いわ〜。愛情の裏返しとはわかっていても…
読了日:3月12日 著者:宮緒 葵
言えるものなら言ってみろ (ディアプラス・コミックス)言えるものなら言ってみろ (ディアプラス・コミックス)感想
現場のリアル感がありすぎて逆に二人の関係が「そりゃないだろw」状態。 ・・・・・・ファンタジーどこ??wwww
読了日:3月13日 著者:楢崎 ねねこ
愛犬志願 (プラチナ文庫)愛犬志願 (プラチナ文庫)感想
……cv子安だろ、これ。現れた途端子安ボイスで脳内再生された今回の宮緒犬は見た目は麗しいのに変態であほでした。しかもかわいい。宝物を拾って(強奪?)は穴(といっていのか?)にせっせと埋めてゴロンゴロンしているイラストに爆笑……これBLだよね?www(や、ちゃんといたしてましたけどね、胃もたれするぐらい!w) この犬、いいです!wwwwあ〜ハライテーwwww
読了日:3月14日 著者:宮緒 葵
ぼくのスター (幻冬舎ルチル文庫)ぼくのスター (幻冬舎ルチル文庫)感想
あ〜これは一穂せんせいだから許される本だね。キラキラで切なくて、何かに、あるいはどこかに届きそうで届かないもどかしい感じ…青春ってこんな感じだよねぇ。そういうのが過不足なく、ことさらに青春崇拝されることなく、でも丁寧に丁寧に重なって紡がれるストーリー。こういう書き方は一穂せんせいならでは。ほかの作家さんにはできない技だ。
読了日:3月15日 著者:一穂 ミチ
榎田尤利×町屋はとこ 「恋愛シリーズ」完結記念フェア全員サービス 限定冊子榎田尤利×町屋はとこ 「恋愛シリーズ」完結記念フェア全員サービス 限定冊子感想
漫画と小説でリレーしつつ4人の冬。若者組は等身大で恋をしてる二人がかわいらしい。大人組は……すっかりサガンの尻の下にいる橘高がかわいらしい(!?)そんなお話wwwww そして、癒し担当のやきのりちゃんがかわいらしいカレンダーがセットになってました。
読了日:3月15日 著者:町屋 はとこ 榎田 尤利
新世界恋愛革命 (ディアプラス文庫)新世界恋愛革命 (ディアプラス文庫)感想
攻めは一部の隙もない変態。受けはツンデレというよりちっこい犬がブルブル震えながら威嚇してる感じw 変態飼い主にか抱きかかえられて、なんだかよくわからないうちにエラく素晴らしい変態の扉をバーンと開けてしまった…という話。非常に面白くいただきました。大満足、げふっ。
読了日:3月16日 著者:鳥谷 しず
男子婚マニュアル (Dariaコミックス)男子婚マニュアル (Dariaコミックス)感想
ちょっと絵が苦手で読むのを躊躇してたんですが、とてもかわいらしく読んだ後に人とかかわって仕事をするって悪くないな、ってふんわり優しい気分になれるなかなかの良作でした。
読了日:3月18日 著者:羽柴 みず
光の雨  ―原罪― (幻冬舎ルチル文庫)光の雨 ―原罪― (幻冬舎ルチル文庫)感想
これがずーっと完結してなかったって……旧版で読んでた人は生殺し状態じゃん。本当に本当に待ち焦がれすぎてつらかっただろうなぁw  思いと事件とその奥にひっかかっている『何か』……これが全て明らかになった時、この二人はどうなるんだろう。次の巻が読めるのをドキドキして待ってる。今度は最後まで読めるのよね?w  蛇足ですが、タイトルは新装版の方がいいですねw
読了日:3月19日 著者:かわい 有美子
どこいったんどこいったん感想
ザックリいえば、なくなった帽子を探すお話なんだけれどね、絵本でこのテンションは珍しいw テンポはいいのにずるずるぞろ〜っと仄暗い雰囲気。帽子を探し続けて……ようやく帽子を見つけたのだけれどその時に間違いなく何かを失くしてるwww なんだろう……じわじわとクる感じが癖になりそうだ
読了日:3月23日 著者:ジョン・クラッセン
YES! 2 (マーガレットコミックス)YES! 2 (マーガレットコミックス)感想
うん、安定の槇村コミック。読みながら主人公と成長するもよし、「あ゛〜〜〜〜」って恥ずかしさにグルグルしながら読むもよしww
読了日:3月25日 著者:槇村 さとる
ばらかもん(7) (ガンガンコミックスONLINE)ばらかもん(7) (ガンガンコミックスONLINE)感想
先生の中には意外に(失礼w)大人が詰まってたのねwww まぁ、やっぱり子供なんだけれどwwww
読了日:3月25日 著者:ヨシノ サツキ
天地明察(4) (アフタヌーンKC)天地明察(4) (アフタヌーンKC)感想
なんだろう、人が愛しいよね。生きること学ぶこと信念…。原作は読んでないのですがこのコミカライズは成功だと思う。
読了日:3月25日 著者:槇 えびし
空想郵便局 2 (マッグガーデンコミックス Beat’sシリーズ)空想郵便局 2 (マッグガーデンコミックス Beat’sシリーズ)感想
派手じゃないし、単純明快すっきりっていうわかりやすさもないけれど、そこがいい感じ。途中で尻切れにならないことを願う〜。
読了日:3月26日 著者:朝陽 昇
黒執事(16) (Gファンタジーコミックス)黒執事(16) (Gファンタジーコミックス)感想
いいテンポで進んできますな、こういう『黒執事』が好みなので嬉しい限り。 笑いの中に目隠しされそうな謎の種も見逃せませんねw
読了日:3月27日 著者:枢 やな
ゆめゆめ心中 (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 130)ゆめゆめ心中 (H&C Comics ihr HertZシリーズ 130)感想
あぁ、続いた。
読了日:3月28日 著者:小嶋 ララ子
好きっていうな! (花音コミックス)好きっていうな! (花音コミックス)感想
生きてるうちに出来ることはちゃんとしとかないとね。が、なかなか努力のいることですよ、これ。 でもね、攻めちゃん……努力の表し方が若干残念ですwww
読了日:3月28日 著者:柚谷晴日
年下の高校教師 (キャラ文庫)年下の高校教師 (キャラ文庫)感想
ちょっとどうなの?というキャラがひととかかわることで変わっていくストーリーが好きなので、全体的には若干薄味だったけれど好みでした。彼らの色々をもっと読みたいし、弟ふうふの話も読んでみたいな〜♪
読了日:3月28日 著者:秀 香穂里
猫耳探偵と助手 (キャラ文庫)猫耳探偵と助手 (キャラ文庫)感想
『にゃー!』ってwww非の打ちどころのないスーパー攻め雰囲気の池メンがネコ耳(バリエーションあり)つけて『にゃーっ』てwwww しかも笠井せんせの美麗なイラストでネコ耳池メンが見られるなんて!!それだけでおいしい1冊。続きがありそうな予感。いや、あってほしいのでアンケートはがきは書かねばいかんなwwww 
読了日:3月29日 著者:愁堂 れな
明日が世界の終わりでも (SHYノベルス301)明日が世界の終わりでも (SHYノベルス301)感想
相手の心が知りたくて相手の望まないことをして試してしまう……なんて誰の心の中にもある衝動だよね、するかしないかは別として。ありそうでなさそうな、でも本当はあるんじゃないかな?という人間模様。現実はそこまで相手を愛せてるかどうか謎だし、もっとズルい気持ちがたくさんだけれどww
読了日:3月31日 著者:榎田 尤利

読書メーター