読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生8割綱渡り

自分の箱庭なので、多方向に対して気を使ったりはしない→理解不能という方は、まわれ右。

その書店員、試される。

80代だという女性のお客様が

「最近は●●●(本のタイトル)をとっても面白く読んだの。今は、次にどんな本を読もうか悩んでて……ねぇ、アナタのお勧めの本はなに? 私が読んで面白くないって感じても文句は言わないからアナタのおススメを教えて?私、それを買うから」

うわぁぁぁぁぁ、試されてるよ!!言葉やさしく、でも、めっちゃ試されてる!!

 

でも、それワタシに聞きます?聞いちゃいます?

運命の神様何を血迷った!!

nice!人選ミスとしかいいようがないですwwwww

「しゅ……衆道なんていかがでしょう??」……いやいやいやいや、そのセリフは理性で飲みこみましたw

まぁ、ワタシがなにをお勧めしたかは伏せますが、

本当の『おススメ』はおすすめしませんでした。いや、できませんでした。当然www 

 

以下、そんなワタシの『おススメ』のおはなし。

 

 さて、ラノベ担当と棚の奪い合いをして負けてばかりだったので

自分のコミックコーナーをちょっと整理して文庫コーナーを作ってみました。

初めての試みなので、へっぴり腰で

ささやかな本当にささやかなBL文庫コーナーの誕生です。

1~2か月くらいの期間で(お客様の好みを日和つつ)、

誰も気づかない程度に小さいフェアをしていこうかと画策中。

うまくいくといいな。

f:id:hoji:20140423154624j:plain

第1弾はフルール文庫(ブルー)フェアです。

一穂先生はイチ抜けしてしまって補充注文中。POPのみの集合写真になりましたw