読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生8割綱渡り

自分の箱庭なので、多方向に対して気を使ったりはしない→理解不能という方は、まわれ右。

髪を切る。

髪を切るのは、嫌いじゃない。

ただ、美容師さんとの小粋なトークを考えなければ。という条件下での話だ。

 

どんな髪型にしたいか伝えるのだって大変である。

向こうの提案は

タカシマレーコでありフジワラノリカである。

しかしワタシのイメージする

タカシマレーコはトロガイ師、であり 

パッと思いつく有名人はたいてい二次元である。

どうすり合わせたらいいんだイメージをw

 

しかしこの試練を乗り越えなければ、(ただでさえ無残なのに)大惨事な姿が

目の前の鏡に映るわけでして……。

ホント辛いw

で、オロオロするワタシに、タカシマレーコ風に仕上げますね♪とカットを始めた美容師に全てを預けたわけである。

 

トロガイ師になったかといえば……まぁ、そこまで人間離れもしてなかったし、

目の前の鏡にはフツーにショートヘアのおばちゃんが映っていた。