読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生8割綱渡り

自分の箱庭なので、多方向に対して気を使ったりはしない→理解不能という方は、まわれ右。

1月〜

夜勤を始めると腐海が拡大するらしいです。本棚が飽和状態です。hjhjです
つか、依存度が高くなるんだな、執着して手放せなくなる→本が溢れる。みたいな?
分かっただけでとりたててどーこーしようとは(微塵も)思っていないんですがね!!!
 

大好きなレーターさん、朝南かつみさんの訃報にショックを受け、彼女がイラストを担当した普段は読まない作家さんやジャンルのものを読んだ。
ストーリーはちょっとダメなものもあったけれど、やっぱりどのイラストも好きだ。もう新しいものに出会えないかと思うと本当にかなしい。
 ご冥福をお祈りします。
 
 
てなわけで1月の読書メーター
自分の中でものすごい一穂ブーム。とりわけ「is in you」にはまって1カ月の間に10回以上読んだ気がする。
あと、コミックの「水の春(黒沢要/プランタン出版)」はとてもよかった。これ増刷しないかなぁ。すごく売りたい!!
 
1月の読書メーター
読んだ本の数:40冊
読んだページ数:5881ページ
ナイス数:400ナイス

is in you (幻冬舎ルチル文庫)is in you (幻冬舎ルチル文庫)
冬コミで新刊手に入れたので読み返した。 薄い本を買う時点でもうすごくお気に入りの作品なんだけれど、この登場人物たちとストーリーはホント好き。
読了日:01月01日 著者:一穂 ミチ
林檎堂書店・本店です。 (ディアプラス・コミックス)林檎堂書店・本店です。 (ディアプラス・コミックス)
びえる・・・というと微妙な感じではあるけれど、楽しい1冊でした。書店員が読むと『あるあるw』ってことが沢山あって更に笑えた。あれ?びえるだよね?これwwww忘年会の店長の叫びと中尾の帰還があまりにリアルでwwwww
読了日:01月02日 著者:たうみ まゆ
愛人隷属アレルギー (ビーボーイコミックス)愛人隷属アレルギー (ビーボーイコミックス)
なんか花嫁姿がやたらと印象に残りましてん。BLなのにwwww
読了日:01月04日 著者:石田 要
生涯の恋人 (F-BOOK comics)生涯の恋人 (F-BOOK comics)
どれもちょっと足りない。もう一歩あったら素敵なのになぁって思った。
読了日:01月04日 著者:オコノミツ
夏目友人帳 13 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 13 (花とゆめCOMICS)
読了日:01月04日 著者:緑川ゆき
キミに玉砕。 (あすかコミックスCL-DX)キミに玉砕。 (あすかコミックスCL-DX)
どの話もかわいいかわいい内容でした。 最初の2作の味わいがなんとなく似てて読んでて「んん〜?」ってなっちゃったけどw ほんわり楽しめた。
読了日:01月05日 著者:西原 ケイタ
放課後保健室 1 (秋田文庫 69-1)放課後保健室 1 (秋田文庫 69-1)
うん、水城先生だなと思う(←私のイメージ) 一筋縄でいかないというか、へっ?というような設定とストーリー。そしてどんどん引き込まれていくんだよなぁ。すごい。
読了日:01月05日 著者:水城 せとな
放課後保健室 2 (秋田文庫 69-2)放課後保健室 2 (秋田文庫 69-2)
うぅぅぅ、色々と気になる展開がいっぱい。早く続きを読みたい〜。
読了日:01月05日 著者:水城 せとな
長距離初恋 (ビーボーイノベルズ)長距離初恋 (ビーボーイノベルズ)
学生時代の攻めの熱と溺れようが怖い。大人になった部分を読んで単にそういう気質の子(目的一直線)だったんだなとわかってちょっとホッとしたり。 BL的萌えというより二人の成長して寄り添っていく物語をのぞかせていただいたな。という感じ。
読了日:01月07日 著者:西江 彩夏
meet,again. (ディアプラス文庫)meet,again. (ディアプラス文庫)
またあいましょう。 そしてあいさつをする   こんにちは。
読了日:01月07日 著者:一穂 ミチ
元カレと今カレと僕 (キャラ文庫 み 1-21)元カレと今カレと僕 (キャラ文庫 み 1-21)
地味に好きだな。購入してから何度も読んでしまってます。 
読了日:01月09日 著者:水無月さらら
双子スピリッツ (新書館ディアプラス文庫)双子スピリッツ (新書館ディアプラス文庫)
時間を置いて読みなおしてもやっぱり攻め二人に「なんだかなぁ」と思ってしまう…多分1冊一組でガッツリ読みたかったんだな私は。
読了日:01月11日 著者:桜木 知沙子
秘蜜 (クロスノベルス)秘蜜 (クロスノベルス)
出勤前に読んで(出勤前に読むかこれwww) やっぱ朝南さんのイラストすげーわ、萌える。・・・てウットリしてたんだよ。なのに・・・
読了日:01月12日 著者:いとう由貴
メリーチェッカ(キャラコミックス)メリーチェッカ(キャラコミックス)
口が悪くて性格も悪いんかと思いきやとてもかわいい塩がホントにキュートなんだな。みやじゃなくても「かわいいかわいい」ってもだもだしちゃうww
読了日:01月13日 著者:鈴木 ツタ
裏通り絵描き横町 (アクアコミックス) (オークラコミックス)裏通り絵描き横町 (アクアコミックス) (オークラコミックス)
基本甘くて幸せなので安心して読める。和める一冊です。
読了日:01月13日 著者:青海信濃
ワイルド&セクシー (SHYノベルス274)ワイルド&セクシー (SHYノベルス274)
読み始めの数ページとラストの数ページでこの本に抱く感想が全く違う。いい意味で裏切られるストーリーでした。久世さんに関しては3度ほど裏切られましたしwww久々にゴリゴリっとしてドキドキっとしたBLを読んだ〜って感じです。
読了日:01月15日 著者:高岡 ミズミ
捜査官は愛を語らない (クロスノベルス)捜査官は愛を語らない (クロスノベルス)
うん・・・確かに愛は語られてなかったw そして読後感が若干物足りない気がするのは、やっぱりちょっとくらいは愛を語って欲しかったのかもしれない。 どうやら攻めは執着してるっぽいんだけれどその部分があまり語られてないのでどうしても俺様攻めが受けをただただ振り回してるだけに見えて、読んでて受けがかわいそうになってきたんだ。
読了日:01月15日 著者:義月 粧子
10メートルの楽園 (プラチナ文庫)10メートルの楽園 (プラチナ文庫)
ほんわりとぼんやりのギリギリの線で和み系のストーリー。天然で無垢で生きることに不器用な受けと、ヘタレな攻めとのラブストーリーはどうなる事やらと読んでる途中で焦れ焦れキュンでした。
読了日:01月16日 著者:深山 ひより
積木の恋 (プラチナ文庫)積木の恋 (プラチナ文庫)
そしてまた読みつつ泣くのであった。何度読んでも泣けるのだ。これを読む時は横にタオルハンカチ(普通のハンカチでは足りない)と箱ティッシュを置いておくことを強く強くお勧めする。
読了日:01月17日 著者:凪良 ゆう
3軒隣の遠い人 (キャラコミックス)3軒隣の遠い人 (キャラコミックス)
じわじわいいんだよなぁ。でも、やっぱり「みや塩」カップルの方が好き。ところで塩さん、こっちだと随分とテンション高めですねw
読了日:01月18日 著者:鈴木 ツタ
極道Cafe 2 (アクアコミックス)極道Cafe 2 (アクアコミックス)
青海先生の描く健気でしなやかに強い受けが大好きだぁ〜!!
読了日:01月19日 著者:青海 信濃
甘い罠で蕩かせて (ローズキー文庫)甘い罠で蕩かせて (ローズキー文庫)
なんだかよくわからない世界だった。や、さんぴは好物の一つなんだけれど…何かこの人達はちょっと違う感じ。受けを挟んで別々のカップルみたいな……。続編は??ないの?
読了日:01月21日 著者:高岡 ミズミ
ダブルファーザー (ビーボーイノベルズ)ダブルファーザー (ビーボーイノベルズ)
ゴーマン子供攻めの成長と、いびつな家族がだんだんと本当の家族になっていくお話。最初はホントにムカつくんだこの攻めの思考www でも「はじめて父親」になった男って多かれ少なかれこんな感じだなとおもったのは自分の相棒を思い浮かべたせいではないと思いたい(爆)  パパ父、ママ父・・・響きがかわいい。
読了日:01月21日 著者:砂床 あい
恋でクラクラ (ディアプラス文庫)恋でクラクラ (ディアプラス文庫)
か・・・かわえぇ♪ カラダは虚弱でも心と思考が非常に前向きだったせいか、病弱系が醸し出すネットリ感がなくてよかった〜w なんだかんだで最初から好きだったってわかって微笑ましいやらくすぐったいやら。 「埼玉・私立・男子高・学ラン」・・・そのこだわり、なんとなく好きですw
読了日:01月22日 著者:渡海 奈穂
ミケとポチ 2 (GUSH COMICS)ミケとポチ 2 (GUSH COMICS)
あぁ、ミケがワケわからん感じだったのはこのせいだったのね・・・と納得しかけたけど、やっぱりこの人よくわからん。まぁ、理由が分かったからっていきなり全てを預けてもたれかかられたら興ざめしちゃったんだろうけれど。 うん、なんだかんだで1巻2巻と続けて読んで「これでよかった」って思うラストだったな、自分的には。
読了日:01月23日 著者:はしだ 由花里
最果警察 1 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)最果警察 1 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)
読み手を選ぶコミックだとは思う。面白くて一気読みするんじゃなくてダラダラ読んで楽しいゆるダル系。
読了日:01月23日 著者:松久 倖
小説リンクス 2012年 02月号 [雑誌]小説リンクス 2012年 02月号 [雑誌]
特集ページ意外にもケモミミが何編か。どのケモミミもかわいかったな、うん。 読んでて楽しかったのは和泉先生のせーかんじシリーズ。脈々と続く家系にぞくりとした。
読了日:01月23日 著者:
たまには恋でも (新書館ディアプラス文庫)たまには恋でも (新書館ディアプラス文庫)
読んでる間中、爆笑ではなくクスクス笑い。これはなに?自虐?www こういうBLは初めてだなぁ。お気に入りの1冊になりそ♪
読了日:01月24日 著者:渡海 奈穂
オレ○ヨメ (GUSH mania COMICS)オレ○ヨメ (GUSH mania COMICS)
わかりやすい、非常にわかりやすい起承転結でしたw それにしても表紙…確かにうっかり帯ははずせませんなw
読了日:01月25日 著者:千歳ぴよこ
東京ボイジャーレコード (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)東京ボイジャーレコード (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
心の中にある鬱々としたものとか悶々としてることとか…なのにこんなに気持ちよく描けるとかすごい。
読了日:01月25日 著者:たし
花蝕の淫―狂おしく夜は満ちて (ローズキーノベルズ)花蝕の淫―狂おしく夜は満ちて (ローズキーノベルズ)
結構ドロドロで痛いんだけれどイラストのおかげで緩和された気がする。病床の親父にネタばらしされなければただただ「なんなのこの関係?」で終わりそうなストーリーだったな。ネタバレをされてもなお「へ?」って思う部分はあったけどw なので買った時には締め切られていた全サの内容が気になるところではある。
読了日:01月26日 著者:華藤 えれな
俺の彼氏を紹介します (GUSH COMICS)俺の彼氏を紹介します (GUSH COMICS)
初めはなんだかんだでほのぼのラブ。あーはいはいゴチソウサマだったのに、ラスト付近の展開にはビックリというかモヤモヤしてしまった。全員が納得してるんだからいいんだけれど、やっぱりモヤっとしてしまうんだ。う〜ん。
読了日:01月26日 著者:祐也
おたわむれを!ご主人様 (GUSH COMICS)おたわむれを!ご主人様 (GUSH COMICS)
天然ドジっ子家政婦が恥ずかしいくらいかわいい!! ドジっ子は世界を救うね!
読了日:01月26日 著者:二条 クロ
BLACK BIRD 15 (Betsucomiフラワーコミックス)BLACK BIRD 15 (Betsucomiフラワーコミックス)
色々あってようやくいちゃいちゃバカップル(&バカ側近たち)ニヤニヤしちゃったわよ。このままいちゃいちゃ幸せで終わると思ったらまた試練か。。。早く二人を幸せにしてあげて〜
読了日:01月26日 著者:桜小路 かのこ
るったとこだま 第3巻 (あすかコミックスCL-DX)るったとこだま 第3巻 (あすかコミックスCL-DX)
安定のラブラブな二人…かと思ったら色々と悩み揺れてました。人を好きになるって温かい気持ちだけじゃないもんね。 あぁ、これで終わりとは…もっとこの二人を読んでいたかった。
読了日:01月28日 著者:藤谷 陽子
水の春 (Cannna Comics)水の春 (Cannna Comics)
挿絵では何度かお目にかかってますが、コミックはお初です。どんなストーリーを紡がれる方なのかな?と思ったら絵の通りの柔らかさと、透明感にあふれた作品。 「え?そこ?そこなの?」っていうようなクスッもあってただただ綺麗じゃない所も心に残る感じ。。ここのところ濃い感じのものばかり読んでいたので、なんだかとってもくすぐったい気分。でもそれは嫌な感じじゃなかった。お気に入りの1冊の仲間入りです。
読了日:01月28日 著者:黒沢 要
中華飯店に潜入せよ【キャラ文庫】中華飯店に潜入せよ【キャラ文庫】
とりあえずは空腹時、とりわけ中華料理な気分の時は避けるよう注意したい一冊。ストーリーのスピード感もいい感じだし、出てくるキャラクターも生き生きしてる、イラストもピッタリ!。みんなが幸せになれて大団円!。 読んでて楽しかったッス。
読了日:01月28日 著者:中原一也
いとしの猫っ毛 2 (CITRON COMICS)いとしの猫っ毛 2 (CITRON COMICS)
相変わらず、二人の周囲はにぎやかで…でも二人は巻き込まれながらもふんわりマイペース・・・というか、恵ちゃんが色々頑張ってんだなww  うん。そして意外に『役に立たないファッションチェック』がツボだったw
読了日:01月30日 著者:雲田 はるこ
スタンレー・ホークの事件簿 仮面〜ペルソナ (花音コミックス)スタンレー・ホークの事件簿 仮面〜ペルソナ (花音コミックス)
色っぺぇ!登場人物それぞれもんのすごい色気垂れ流しでストーリーよりそっちにハァハァしてしまったw …ただ、読んだことは無いんだけれど原作の方がいいかもなぁってちょっと思ってみたり。憑依されるシーンがね…絵でドーンと語られるのは…私的には…アレな感じだったのでw
読了日:01月30日 著者:本仁 戻
そして僕らは恋をする (あすかコミックスCL-DX)そして僕らは恋をする (あすかコミックスCL-DX)
読了日:01月30日 著者:おおやかずみ

2012年1月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター