読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生8割綱渡り

自分の箱庭なので、多方向に対して気を使ったりはしない→理解不能という方は、まわれ右。

11月のまとめ

何かピンとくる本と出合えなくて、感想を書きあぐねてたら中旬になってしまったw
あとは、昔読んだ本を引っ張り出して読むことが多かった1カ月。
 
2012年11月の読書メーター
読んだ本の数:44冊
読んだページ数:6410ページ
ナイス数:2132ナイス

プロチチ(2) (イブニングKC)プロチチ(2) (イブニングKC)感想
リアルのようでやっぱりリアルじゃない、でもリアルだと信じたいこの世界観w 辛いけれど優しい物がいっぱいあるこの世界で育児をしたかったなぁと。子供と一緒に育っていく親は素敵だと思う。
読了日:11月1日 著者:逢坂 みえこ
nez [ネ] (SHYノベルス291)nez [ネ] (SHYノベルス291)感想
新シリーズ(°∀°)o彡°  1冊目は軽くジャブ?て感じかなぁ。それでも十分すぎるほど面白かった。はねっかえりの受けと空気読まない俺様攻めって好物なのよね。続きが楽しみだよ〜。
読了日:11月3日 著者:榎田 尤利
草食むイキモノ 肉喰うケモノ (二見書房 シャレード文庫)草食むイキモノ 肉喰うケモノ (二見書房 シャレード文庫)感想
何ですかこの可愛いイキモノ(受け)はっ!!帯に隠れてたケモノとイキモノもチョー可愛いし。あんまり期待しないで読んだのだけれどこれは大ヒットだった!!ところで表紙の眼鏡も絡めてのラブストーリーかと勝手に思ってたんだけれど・・・・・違ったねw ねぇ!この人の物語はスピンしませんか?気になりますよ!いいメガネだしw
読了日:11月4日 著者:今城 けい
未完成 (白泉社花丸文庫BLACK)未完成 (白泉社花丸文庫BLACK)感想
読んでいていお互いがもどかしくて涙線を刺激されまくりだったのだけれど、う〜ん・・・・・・すべてラスト(5年後)の為のストーリーだったよね。うん。
読了日:11月5日 著者:凪良 ゆう
月一滴 (クロスノベルス)月一滴 (クロスノベルス)感想
時々この二人を思い出して読みたくなることがある。読んだ後は北嶋の印象しか残らないんだけれどw
読了日:11月5日 著者:かわい 有美子
恋は遠い日の花火ではなく恋は遠い日の花火ではなく感想
エンピールなシリーズを読むと必ず引っ張り出してきちゃうよね。ちらりちらりと思ってたけど牧田さんって案外アレだしwwww コレを読んだのと読まないとじゃこのシリーズの深さって違ってくる気がする
読了日:11月6日 著者:かわい 有美子
ビター・スイート・レシピ (ディアプラス文庫)ビター・スイート・レシピ (ディアプラス文庫)感想
この受けの卑屈さってなにか共感しちゃうんだよねw 甘く、あたたかくなりたい時に引っ張り出して読みたくなる本なのです。
読了日:11月6日 著者:月村 奎
恋とセンチメンタリズム (ディアプラス・コミックス)恋とセンチメンタリズム (ディアプラス・コミックス)感想
好き系なストーリーではあった、けどどこかアンバランスな感じを受けたのは何故だろう・・・。でも手元には置いておきたい本だったりする
読了日:11月7日 著者:橋本 あおい
密室の密かな星 (ディアプラス・コミックス)密室の密かな星 (ディアプラス・コミックス)感想
ギドさんだなぁ・・・という1冊。
読了日:11月7日 著者:雨隠 ギド
みつきにいちど (HANAMARU COMICS PREMIUM)みつきにいちど (HANAMARU COMICS PREMIUM)感想
『三か月』がキーワードの短編集。どれも素敵な恋でしたよ。自分にとって三か月のキーワードでこんな素敵な物語があるかといったら・・・・・・そりゃないんだけど(だからコレを読むのよ!wwww
読了日:11月8日 著者:青山十三
少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS (2) (UNPOCO COMICS)少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS (2) (UNPOCO COMICS)
読了日:11月9日 著者:ミキマキ
少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS (3) (UNPOCO COMICS)少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS (3) (UNPOCO COMICS)
読了日:11月9日 著者:ミキマキ
ラブカフェモカ (GUSH COMICS)ラブカフェモカ (GUSH COMICS)感想
かわいくて甘い〜。お互いの独占欲とか、受けが一途だったとことか、隣人さんとか(w) かわいいものがいっぱいだった〜
読了日:11月10日 著者:嶋二
嫌よ嫌よも好きのうち? (ディアプラス文庫)嫌よ嫌よも好きのうち? (ディアプラス文庫)感想
『好き』がダダ漏れなのに、伝わって欲しい人にだけ伝わってない俺様ジャイアン攻め様が哀れだったりザマーミロだったりwww本当に本当に『大好き』って言ってもらいたかったのねぇ。  そして、ラストページのメイちゃん!この1冊のなかで最強キャラはこの子w
読了日:11月10日 著者:月村 奎
room share (EDGE COMIX)room share (EDGE COMIX)感想
ことさらドラマチックでもない毎日が愛しく思えてしまう。イシノアヤさんだなぁ。そしてそんな作品が私は大好き。
読了日:11月12日 著者:イシノ アヤ
鉄楽レトラ 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)鉄楽レトラ 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
近道もまっすぐな道もないから、曲がりながら、立ち止まりながら すこしずつ、すこしずつ。
読了日:11月12日 著者:佐原 ミズ
お嫁さんは神様です1 (マッグガーデンコミックスビーツシリーズ)お嫁さんは神様です1 (マッグガーデンコミックスビーツシリーズ)感想
VIVOとはまた違った路線なのだけれど、やっぱりこの作者さんのテイストがギッチリ詰まってて・・・・・クスッと笑ってふんわりできる。 おすすめです!
読了日:11月14日 著者:瀬川藤子
帰り道で恋に惑う (GUSH COMICS)帰り道で恋に惑う (GUSH COMICS)感想
スピンの方から遡上。とーちゃんたちの物語はこんなだったのね。ふむ。こういうのは2冊並べて読むと幸せ感が増し増しになるよね〜。多分この1冊だけだったらそこまでの印象は残らなかったような気がします。
読了日:11月14日 著者:水渡 ひとみ
幽霊退治はじめました(キャラコミックス)幽霊退治はじめました(キャラコミックス)感想
タイトルと表紙がイマイチそそらなかったんだけれど、読んでみたら内容はとても面白かったですよ!!もったいない!・・・BL薄味だったけれど、これでいいのだ! もっと読みた〜い!この二人ならBLのバランスはこのくらいでいいです、ワタシ的には。
読了日:11月15日 著者:砂河 深紅
恋人アソート (gateauコミックス)恋人アソート (gateauコミックス)感想
豪華アソートでした。 満足じゃ〜
読了日:11月15日 著者:雲之助
薫風 (幻冬舎ルチル文庫)薫風 (幻冬舎ルチル文庫)感想
彼がいきなり大人になっててビックリだったわ〜。ずーっと祐真を好きでいたせいか秀一に似た感じに育ってたのがちょっと微笑ましかったww  終わった場所で始まってたなんて運命だよね〜。ただ、前2カプに比べて障害がないせいか、あっさり風味。気になるのは有隆とユーゴの『宴会』の内容www …そしてやっぱりタルトやらのスイーツがモーレツに食べたくなるのはこのシリーズならでは。結局はとーちゃんたちに持ってかれちゃってる不憫な隆世なのだったw
読了日:11月15日 著者:真崎 ひかる
シガレット×ハニー (キャラ文庫)シガレット×ハニー (キャラ文庫)感想
タバコふかしてキツくて、ガラの悪い先輩なのかと思いきやものすごく繊細で健気だった! むしろバカ犬風味な攻めがなんというか・・・。まぁそんなでも好きなんだからいいのか。いいのよねw
読了日:11月19日 著者:砂原糖子
アマゾン限定特典付 ぢべたぐらし あひるの生活 〔秋冬編〕アマゾン限定特典付 ぢべたぐらし あひるの生活 〔秋冬編〕感想
換羽期のあひるの姿に爆笑してしまいました。や、彼なりに大変なのだろうけれどw
読了日:11月19日 著者:マツダ ユカ
恋とは呼べない 3 (ビーボーイコミックス)恋とは呼べない 3 (ビーボーイコミックス)感想
おさまるところにおさまったよね。ホッとした。淳平があんなに健やかで元気になれたのは英のおかげなんだよね、きっと。ボタンの掛け違いの翌朝の彼の姿勢が何だかまぶしかった。 でも本編そっちのけで『お悩み電話相談室』がとにかく秀逸www 
読了日:11月19日 著者:町屋 はとこ,榎田 尤利
アクアリウムにて。アクアリウムにて。感想
【夢見るアクアリウム】の薄い本。夜の水族館でダブルデート、はいはいゴチソウサマの甘い1冊でした(中央書店コミコミスタジオ扱い)
読了日:11月21日 著者:真崎ひかる
烈火の契り (キャラ文庫 し 2-11)烈火の契り (キャラ文庫 し 2-11)感想
読んでる途中で死人が出てビックリした。確かに死人が出そうな孤島ものだったけどさwえ?これBLだよね?ってwww  それにしても美しい表紙です。
読了日:11月21日 著者:秀 香穂里
ファンタジー (エフコミック) (F COMICS)ファンタジー (エフコミック) (F COMICS)感想
年齢差に度肝を抜かれたけどフツーに純愛だった。悪くない。
読了日:11月21日 著者:御徒町 鳩
クロネコ彼氏のアソビ方 (ディアプラス・コミックス)クロネコ彼氏のアソビ方 (ディアプラス・コミックス)感想
イイよね、クロネコ!!一番猫っぽい。エロエロだけどねw
読了日:11月21日 著者:左京 亜也
Magnolia(5) (KCx(ARIA))Magnolia(5) (KCx(ARIA))感想
もう、アヤトが男になろうが女になろうがどうでもよくなってきたw(だってめんどくさいよこの子!w)、それよりなによりとにかくナギが心配!ナギが心配なんだよぅ!!!
読了日:11月22日 著者:naked ape
鬼灯の冷徹(7) (モーニング KC)鬼灯の冷徹(7) (モーニング KC)感想
絶対大人気だよね『猫好好ちゃん』 次の特装版はこのキャラで何か1つwwww
読了日:11月22日 著者:江口 夏実
ひそひそ 2 (シルフコミックス 36-2)ひそひそ 2 (シルフコミックス 36-2)感想
この二人が出会ったのにはきっと意味があるよね。そして二人だけの世界じゃなくてちゃんと世界は広がってる、きっと。
読了日:11月22日 著者:藤谷 陽子
いとしの悪党 (幻冬舎ルチル文庫)いとしの悪党 (幻冬舎ルチル文庫)感想
この先生の本は数冊しか読んだことないけれど、いつも登場人物の名前に『意味、メッセージ』がある気がするんだ、たまたま読んだ本がそうだったのかもしれないけれど。 ヨネダ先生のイラストが素敵です。
読了日:11月22日 著者:李丘 那岐
愛とは言えない4 (ビーボーイノベルズ)愛とは言えない4 (ビーボーイノベルズ)感想
二人でいるためには好きだけじゃだめだったんだな、もちろんそれは大事なことなんだけれど。相手を見る、しっかりみつめる。自分の心を見る、そらさずに見る。相手に預ける、自分も預かる・・・・・・そういうことを見落としちゃダメだよね。 ところで、自分はよく足を怪我するので杖なしでホームを走る橘高にハラハラし通し、せっかくの再会シーン台無しw
読了日:11月24日 著者:榎田 尤利
ボクラノキセキ 7巻 (ZERO-SUMコミックス)ボクラノキセキ 7巻 (ZERO-SUMコミックス)感想
やっぱりあの子は重要な役どころのご様子。さて、この先どうなるのやら楽しみで仕方がないよ!
読了日:11月24日 著者:久米田 夏緒
BLACK BIRD 17 (フラワーコミックス)BLACK BIRD 17 (フラワーコミックス)感想
シリアスモード。 お互い大事なものを守ろうとする、それはそれは必死で。そのズレがもどかしい。 何もかもが同じ価値観とはいかないところが『二人で生きる』ということなんだろうな。親子三人の幸せな未来がありますようにと願わずにいられない。
読了日:11月26日 著者:桜小路 かのこ
僕とフルサトレストラン 2巻 (ZERO-SUMコミックス)僕とフルサトレストラン 2巻 (ZERO-SUMコミックス)感想
最後にちょっと山場っぽいものはあったけれど、ストーリーは間延びとユルさのギリギリのライン、平地〜な感じで流れておりますw 
読了日:11月26日 著者:藤原 ゆう
月刊少女野崎くん(2) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん(2) (ガンガンコミックスONLINE)感想
やっぱりいいよね、この子たちww とりあえず読んでみて!おもしろいから!としかいいようのないコミックなのでした〜
読了日:11月26日 著者:椿 いづみ
鍵盤の上のカレス(2) (ドラコミックス 333)鍵盤の上のカレス(2) (ドラコミックス 333)感想
あれぇ〜? ちょっと1巻の内容をポロポロと忘れてる。。。。1巻どこ行った〜? でも光が見えた2巻ラストにほんのり心ふるえたのでした
読了日:11月28日 著者:藤谷陽子
日陰蝶 (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)日陰蝶 (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)感想
風呂敷広げて放置された感。これじゃぁ感想もかけないよぅwww 髪の毛下ろした先生が先生と認識できなくて『へ?』ってなったのは秘密だ。
読了日:11月28日 著者:名取いさと
君と僕。(12) (ガンガンコミックス)君と僕。(12) (ガンガンコミックス)感想
あ〜、青春ですね。何のこともないフツーの毎日も青春でキラキラしてる。いいなぁ青春。
読了日:11月28日 著者:堀田 きいち
恋心は猫をも濡らす (花音コミックス)恋心は猫をも濡らす (花音コミックス)感想
本編は安定の面白さなのだけれど、それ以上に今回も駄菓子擬人化が素晴らしかったwwww なんでこれ、オマケ扱いなんだろうwww
読了日:11月29日 著者:夏水りつ
留年くんとオレの1年 (キャラコミックス)留年くんとオレの1年 (キャラコミックス)感想
青春、読み口あっさり、百合ップル
読了日:11月29日 著者:ユキムラ
妖精男子 (二見書房 シャレード文庫)妖精男子 (二見書房 シャレード文庫)感想
表紙が大好きだわ♪ 攻めも受けも色んな意味で残念男子だったw DT部の活動も気になるところだけれど・・・サラッと読めてサラッと忘れてしまいそうだwwww
読了日:11月30日 著者:鈴木 あみ
きみが恋に乱れる 第1巻 (あすかコミックスCL-DX)きみが恋に乱れる 第1巻 (あすかコミックスCL-DX)感想
鬼島さんが意外にも振り回されて絆され系www オラオラなのかと思ったら、ふられてやけ酒とか、色々ショーゲキww 色々あってくっついたものの、続きも気になりますね。
読了日:11月30日 著者:高永 ひなこ

読書メーター